腸内環境を整えることがカギ

赤ちゃんが毎日理想のウンチを出しているなら、それは元気のしるしです。

 

ウンチは大人でも子どもでも、腸の健康状態をあらわしています。

ベンちゃん

 

腸は免疫力を高めて有害物質や老廃物を排出するのに大切な役割を果たしていますから、健康全体を支えているとっても重要な器官なのです。

 

それで、赤ちゃんが丈夫で元気にあふれる子どもに育つためにも、まずは腸の健康に気を配るということがとても大切です。

 

でも、ウンチが硬すぎたり、下痢が多かったり、便秘がちだったり、というようなことが多いなら、腸内環境自体が整いにくくなっているのかもしれません。

 

腸内環境が良好でないなら、栄養吸収が悪い、アレルギー症状やアトピーにつながりやすい、肌が荒れやすい、ストレスを感じやすいなど、乳幼児の健康にとってマイナスとなります。

 

では、赤ちゃんの腸内環境を良好にするために何を行なえばよいのでしょうか?

 

乳幼児の便秘解消に関するサイトからの引用ですが、以下のような生活習慣が腸の働きを活発にしてくれます。

親としてできるもうひとつの大切なことは、日ごろから乳児や幼児が便秘になりにくい生活習慣を保つことです。これには便をやわらかくする食事など子どもが体内に取り入れるものに気を配ったり、屈伸運動などでいつも腸を活発に働かせたり、トイレに座る時間を決めておいてきちんと守ることなどが含まれます。

 

ですから、何も特別なことをする必要はなく、毎日の食事や運動、規則正しい生活習慣など当たり前のことをきちんと行なうということが大切のようです。

 

そうは言っても、生活習慣に問題はないのに、いつもウンチの悩みを抱える赤ちゃんもいます。これは生まれたときからの体質も関係しているかもしれません。

 

このような赤ちゃんの場合は、腸内環境を整えるためにさらにできることがあります。

 

それは、ビフィズス菌を増やす健康食品を定期に与えてあげるということです。

 

そのような赤ちゃんでも安心して与えることのできる健康食品として、「カイテキオリゴ」というオリゴ糖の粉末があります。

 

オリゴ糖は、おなかのビフィズス菌のエサとなる成分で、ビフィズス菌を活発にし、腸内環境を整える作用で知られています。

 

毎日1g程度をミルクに混ぜるだけでOKです。
最近は市販のミルクにもオリゴ糖の含まれたものが増えてきていますが、カイテキオリゴは数種類のオリゴ糖がブレンドされているところに価値があります。

 

ブレンドされていることで、様々な種類のビフィズス菌に働きかけて一度に活性化できるのです。

 

詳しくは以下の公式サイトでご確認下さい。
↓ ↓
カイテキオリゴの公式ページはこちら