心配なウンチの色は?

赤ちゃんの便の色で健康的な色は、薄くは黄色いものです。

 

特に母乳で育つ赤ちゃんにはこのような色が多く、これは胆汁に含まれるビリルビン色素の色です。

 

また離乳食が進んでいくと、大人の健康なうんちの色である茶色に近くなります。これは食べ物を取り入れることで一緒に細菌も体内に入るので、大人と似たような腸内細菌が定着するようになるためです。

 

ベン君

これも、もちろん成長している証拠なので心配ではありません。

 

ミルク栄養の赤ちゃんに多いのは緑色に近い便です。これはビリルビンが酸化した色であり、黄色のうんちの仲間と考えて良いでしょう。やはり心配はありません。

 

心配な便の色としては、白、赤、黒などがあります。

 

これらは感染症や内臓の出血、肛門付近の出血によって出るうんちの場合があります。ただし、離乳食が始まってからであれば、前に食べた食べ物の色がそのまま出ている可能性もありますから、少し思い出しみましょう。

 

一方、このような便の色が出て、赤ちゃん自身の機嫌も悪いようなら病院を受診してください。

 

赤ちゃんは自分の症状を声に出して伝えられないので、観察することが健康管理のポイントとなります。そして、その観察ポイントのひとつとして毎日のうんちの色、また状態をチェックすることも忘れないでください。

 

乳幼児の便秘になりにくい生活とは?こちらへ